キャンピングカーにソーラーパネル取付(充電コントローラー)

投稿日:2011 年 6 月 30 日 更新日:

悩むこと数年、キャンピングカーにソーラーパネル設置を決意!

発電機も考えたが我が家のキャンピングカー利用パターンを見ると

発電機はマナーの問題等で使えない場所で泊まってることが多いので

自然エネルギーの活用ということでソーラーパネルに決定

自宅でACから充電もできるのですが、普段、キャンピングカーは

借りている駐車場に止めているため、サブバッテリー充電で自宅まで

持ってくるのが面倒なのと、釣りなどで数日間、車中泊する場合があり

その際のサブバッテリー充電補助ということで。

元々、電気食うような設備(電子レンジなど)は乗せてないので

大規模なものは考えてなく、80W?120W程度のパネルを購入することにした。

値段も安いし

パネル以外に必要なものは充電コントローラー

80W?120W程度のものをコントロールできる製品で性能、価格的によさそうなのがこれ

ソーラーパネルと充電コントローラがセットになったものであれば間違いないが

別々に購入する場合、ソーラーパネルの性能と充電コントローラーの規格に注意が必要

例えば今回購入したPV-1212D1Aの仕様

?使用電池電圧:12V
?最大開放電圧:26V
?最小開放電圧:18V
?入力電流:12A

?は充電するバッテリーの電圧。24v用もあるので注意
??はソーラーパネルが無負荷状態(何もつないでない)での出力電圧が
18V?26Vであること。
?は制御できる最大電流

ということになります。

ソーラーパネルを選ぶ際、大事なのは以下の通り

a.ソーラーパネルの開放電圧が?と?の間に入っていること。
 この間に入っていればコントローラーが12vバッテリー充電用の出力制御可能
 18V以下でも26V以上でもダメ
b.ソーラーパネルの最大電流が?以下であること。

あとは・・・・ソーラーパネル購入だ。

普通はパネル購入が先だと思うが

-キャンピングカー
-,

Copyright© 休みはアウトドア旅行 , 2017 All Rights Reserved.