2014シーズン氷上ワカサギ釣り納竿

投稿日:

週末、今シーズン最後の氷上ワカサギ釣りに桧原湖に行ってきました。今回の釣りで氷上ワカサギ釣りは納竿なので、最後にいつもは行かないちょっと深いところに行ってみよう!ということで30分ほど氷上を歩いて水深18mのところにテントを設営。風が強くテントが飛ばされそうな吹雪。スノーピークのソリッドステーク(ペグ)で固定しているが、今回はいつもより多めに使ってがっちり固定。ちなみにソリッドステークを使う場合30cmがベスト。40cmだと太いので氷に挿すのがとても大変。20cmだと短すぎ。あくまで桧原湖の場合。桧原湖は完全な氷ではなくシャーベット状、氷と何層かになっているのでペグも使えるが赤城大沼のような完全な氷だとペグでの固定は難しい。釣果は朝7時から15時までやって2人で約300匹(それぞれ電動一本)。1人200匹の目標は達成せず。電動リールの予備があるので2本使えば今年の目標である1人200匹は達成できたかもしれないが、1本竿で釣ることにこだわっているので(^^; 目標は一度も達成できなかったが、今シーズンは釣りの度にエサ、仕掛け、オモリ、竿、誘いなどなど、色々と試してみた。何となくベストな方法がわかってきたので来シーズン、目標達成できるように頑張ろう。毎度、おなじみの写真になっちゃうので今回は釣りの写真は無し。その代わりに購入したお土産を撮ってみた。東北で遊んで、東北で食べて、お土産購入して・・・微々たるものですが自分ができる東日本大震災の復興支援。
干し桃
「干し桃」。茨城県では「干し芋」が有名だが福島県は「干し桃」。どんな味か気になったので購入してみた。ちょっと硬いが桃の味がして中々美味でした。
雪道で汚れたフィットシャトル
帰宅したら・・・こんなに汚れてた!

-釣り
-, , , , ,

Copyright© 休みはアウトドア旅行 , 2017 All Rights Reserved.