2017北海道(8日目) 幸福駅、ガーデン見学(六花の森、十勝千年の森)、砂利道を走ってトムラウシ温泉

投稿日:

7/1(土) 晴れ

帯広天然温泉 ふく井ホテル」のモール温泉、朝風呂を楽しんだあと朝食です

朝食

帯広天然温泉 ふく井ホテル」の朝食。和定食、洋定食、中華かゆ、コンチネンタルから選ぶ。和定食を選択。

ビュッフェ

ビュッフェコーナーには飲み物、サラダ、卵、納豆などがあり、バイキング形式。選んだ食事+こちらを利用可能

今日も良い天気!絶好の観光日和。本日最初の観光は「幸福駅」。幸福駅は14年前、ワンコ連れでキャンピングカーで訪れた場所。その時の旅行記

幸福駅

建物は14年前と変わってないようだが、貼ってあるものが違ってる

幸福駅

昔は名刺などが貼ってあったが、今は切符のような紙にメッセージを書いて貼ってあった。名刺とかより、こちらのほうが見た目は綺麗

幸福駅

幸福駅は今年、60周年。展示されている列車のヘッドマークに書いてあった。

次に向かったのは「六花の森」。

六花の森

旭川-富良野-十勝を結ぶ北海道ガーデン街道の南端のこの地に、花柄包装紙に描かれた草花でいっぱいの森をつくりたいー。100,000平方メートルの敷地に十勝六花(エゾリンドウ、ハマナシ、オオバナノエンレイソウ、カタクリ、エゾリュウキンカ、シラネアオイ)などが季節毎に花開き、庭の中にはクロアチアの古民家を移築した美術館が点在しています。

[出典 六花の森]

六花の森、入り口。早朝から観光バスも来ていてる

六花の森で撮影

六花の森

六花の森

六花の森

六花の森

六花の森

今日は帯広周辺のガーデン見学の予定なので、「六花の森」のあとに「十勝千年の森」へ

十勝千年の森

森の草原、水辺といった多様な自然環境を有する十勝千年の森には、様々な動植物たちが息づいています。私たちは、放置されてきたカラマツ林に手を入れて自然な森林に戻したり、自然淘汰による力強い森の創出を目指す混播法という手法を用い、森づくりを進めています。あるがままの森の魅力を感じてもらうだけにとどまらず、この森に魅力的な付加価値を持たせる取り組みを進めています。

[出典 十勝千年の森]

「十勝千年の森」で撮影

十勝千年の森

十勝千年の森

十勝千年の森

十勝千年の森

十勝千年の森

セグウェイ

セグウェイの体験もあったので、人生初のセグウェイ。乗り方の説明のあとは決められたコースを自由走行。面白かった。料金は10分 1000円

今日の宿はトムラウシ温泉「国民宿舎東大雪荘」。ふるさと納税でペア宿泊券を返礼品としてもらったので、宿泊費はなし( ´艸`)。ちなみに”トムラウシ”を漢字で書くと”富村牛”。漢字とカタカナではイメージがだいぶかわるなー。

トムラウシ温泉への道

帯広から車で約2時間、最後の数キロは、このような未舗装道路。こんな道路を走ってるとなんだがワクワクする。

東大雪荘

未舗装の道路の先に東大雪荘がある。結構な山奥だがこんなに立派な建物

東大雪荘

部屋は和室。

部屋かの眺め

部屋からは渓流が見える・・・・・右奥に見えるのは男性用露天風呂。見えるぜー(´▽`)

登山口

ここはトムラウシ山の登山口もあるため、利用料金が安い相部屋もあるみたい。

源泉

宿の前には温泉がボコボコと湧いている

夕食

夕食。豪華ではないが山奥でこれだけ食べられれば、我が家には十分。

源泉かけ流しの温泉を堪能。やっぱり温泉はいいね!

-旅日記
-

Copyright© 休みはアウトドア旅行 , 2017 All Rights Reserved.