先日の大きな痙攣後、立つのがちょっと困難に

投稿日:2013 年 2 月 7 日 更新日:

日曜日に3週間ぶりに痙攣が起こり、月曜日に点滴治療。月曜の夕方以降、今朝まで痙攣はなし

今回の痙攣後、後ろ足を自由に動かすのが難しい状態のようだ。

1月末には自力で歩いて近所を散歩できるまで回復していたのにちょっと可哀想

補助して立たせてあげると立てる時もあるが立っているのはちょっとの時間が限界で

自力で立ち上がるのは現時点では無理そう。

ただ、1月に初めて起きた痙攣後もしばらく立てなかったので今回も治ることを信じて

補助しながら無理のない程度に歩く練習中。歩かなくなると筋力弱って寝たきりになっちゃうので・・・

寝床のタオルや毛布などを口で噛んで引っ張る仕草をするようになった。

最初は何なのか意味が分からなかったが、自力で立てないので寝返りしたいとき、おしっこしたいときなど

何か自分でやりたいときにやっているようだ。自分でできないのでイライラしているのだろうか?

でも、その行動をしてくれるので、トイレなどのタイミングもわかり安心になった。

今朝もタオルを噛んで引っ張っていたのでペットシートの上で体補助してあげたらおしっこ。。

ちゃんと今の体の状態でできることで意思表示してます

今朝のゆうです
大好きなクッション
青いクッションがお気に入りで体のどこかに触ってると安心するみたい

足の赤いのは、留置針が入ってます。

痛そうに思うが血管に入ってる部分は針ではなく柔らかいものなので動いたりしても痛く無いとのこと。

これつけておけば、点滴や注射、血液検査するたびに血管に直接針を刺さなくて良いのでワンコへの負担も少ない

-愛犬
-,

Copyright© 休みはアウトドア旅行 , 2017 All Rights Reserved.