ワンコの痙攣 治療開始4日目(一時帰宅) 

2013 年 1 月 10 日

痙攣で入院し先日の一時帰宅中のワンコの様子

1/9(水)
AM 6時
 起床。心臓の薬をあげた
 立ち上がれないので寝た状態で、おしっこをする。

AM 6時30分
 突然、痙攣がおきた。2分ほどで戻った
 
AM 7時
 食事を出したが食べない。痙攣の影響だろうか?
 腎臓の薬は何とか飲ませた

AM 10時
 自ら立ち上がり数歩だが歩いた!力は入らないのですぐに倒れる。
 水でふやかして柔らかくしたドライフード(腎臓サポート食)を出すと、
 正常な時と同じ量を勢いよく完食。よかった

AM 11時
 何度も立ち上がろうとする。
 肝臓の薬を飲ませる
 近くの空き地まで抱っこで連れていき、胴輪で補助したら、歩いた&おしっこも出来た
 やはり自分で歩けるのは嬉しいのか、尻尾を振りながら歩いた
 無理はよくないので数分程度の散歩でいったん帰ったが、まだ歩きたいようで落ち着かない
 もう一度、ちょっとだけ散歩。

正午?
 満足したようで、熟睡
 部屋で歩きだして倒れると危ないので念のため、サークル(普段は寝るためのハウスにしているもの)を居間に設置

PM 5時
 昼からずっと寝ている。
 心臓の薬を飲ませる
 また、痙攣がおきるが2分程度でおさまった
 今朝もそうだったが心臓の薬を飲ませて30分程度で痙攣がおきた。

PM 5時30分
 心配なので動物病院に電話し、休診日だったがみてもらった
 心臓の薬を飲んだあとに痙攣がでることを説明
 先生:「ゆうちゃんごめんね。薬合わなかったかな?」と、ゆうに謝ってた
 病院では2回飲ませた問題なかったが、体に合わないか、肝臓がかなり悪い状況なので影響がでてるかも
 ということで、心臓の薬はいったん中断
 痙攣を抑える薬などを皮下およびカテーテルからの注射
 先生に痙攣がおきた場合の対処方法など聞いてみた
 大痙攣がおきた場合、痙攣中に息ができなくて復活後も呼吸停止になる場合もあるらしく、
 その場合、どのようにすればよいかなど、教えてくれた
 夜間でも休診日でも何かあったら、いつでも電話や直接来ても大丈夫と言われた
 
PM 7時
 落ち着いて寝ている。よかった

-愛犬
-,

Copyright© 休みはアウトドア旅行 , 2020 All Rights Reserved.