LED照明でキャンピングカー快適化(実践編)

投稿日:2008 年 1 月 26 日 更新日:

キャンピングカーの照明は蛍光灯とハロゲン灯です

これが電気喰いです・・・・

ハロゲン灯は1灯10wなので5灯で50W

消費電流にるすと4.2A!

LED化で1灯 0.06A(60mA) 5灯で0.3A(300mA)です

ハロゲンの1/14 !

今まで省電力のLEDに興味がありましたが、

昔からある弾丸型(ピストルの弾の形)といわれるタイプは

明るいLEDにすると照らす範囲が狭くなりスポットライトのようになってしまうし

照らす範囲が広いものは明るくないし・・・・・

ダイネットで使うにはスポット的ではなく広く照らすものが必要です。

ところが、最近は良いものがありますね? その名はFluxLED

明るくて照射範囲も広いです。

1灯に6コのLEDを使っています。 3コ直列接続のを2つ並列につないでます

電流制御は、サブバッテリーは電圧変動があるので、一定の明るさを

常に保つようにCRD(定電流ダイオード)で行っています。

久々の電子工作です(^^;

10年ほど仕事で電子機器の修理をやってたので、この辺の知識はあるのですが、

しばらくハンダ付けやってなかったので、腕は鈍りました(汗)

LEDに変更したものを3灯点灯した状態 消費電流 0.18A
img_0295.jpg

LEDに変更したものを5灯 消費電流 0.3A
img_0296.jpg

参考までに・・・・16wの蛍光灯 消費電流 1.3A
img_0298.jpg

10w×4個のハロゲン灯 消費電流 3.3A
img_0297.jpg

※注意
写真ではかなり明るく見えますが、ハロゲンや蛍光灯より明らかに暗いですので
サブバッテリーに余裕がある場合はLED化しないで
そのままハロゲンや蛍光灯を使ったほうが明るくて快適です。
バッテリーに余裕がない場合はLED化のメリットは大きいと思います
LED化しても本などは読めるレベルです。

-キャンピングカー
-

Copyright© 休みはアウトドア旅行 , 2017 All Rights Reserved.