レカロ装着計画(その5) 破れ・ほつれをジャージ補修布で修理

投稿日:2009 年 10 月 30 日 更新日:

訳あって新品購入から中古購入にかわったレカロシート・・・

訳・・・それは・・・資金が無いだけ

中古なので座面のサイドサポート部分に切れがあります。

承知で購入したので・・・補修しないと!もちろんDYIで。

広げなければわからない程度ですが広げると指の爪くらいの大きさ。

これをどうやって補修するか・・・・・ググッてみたところ、ジャージの補修布がレカロシートには良さそう

早速、じゅんに手芸屋さんに連れてってもらって、 補修布を購入

ユザワヤ(柏店)というところに行きましたが、すごいですね?品数が。面白かった


アイロン接着【補修布】ジャージ用 全10色のびる素材の補修や補強に!

買ったのは↑これと同じもので、色は10色ありましたが、迷い無く”黒”を購入!

この補修布は生地の裏にあてて接着すると説明がありますが、表から貼る場合は

その部分の補強にもなると書いてある。

シート生地は外せないので、というより外し方もわからないし、外したら元に戻す自信なし

そのため、裏から接着するのはあきらめた。

見た目が悪くなりそうですが表に付けることにしました。

接着面にはツブツブの接着剤がついており、アイロンで暖めて接着します。

この時、あて布をしないとテカテカに光ってしまうので注意!

レカロシートの破れ修理
補修していることはわかりますが、思っていたほど目立たなくてよかった(サイドサポート部)
ジャージ生地なので収縮するため、耐久性もよさそうです。

レカロ補修
もっと小さくしてもよかったのですが、穴周辺の生地も薄くなってたので、
今後、ほつれないように思い切って大きめに貼り付けて補強
見た目より強度重視

明日はいよいよ、キャンピングカーに取り付けです

-キャンピングカー
-

Copyright© 休みはアウトドア旅行 , 2017 AllRights Reserved.