三角線維軟骨複合体損傷と診断された

投稿日:2014 年 2 月 26 日 更新日:

なんだかとっても難しい題名ですが、1月初旬に自転車でこけて手首を痛め・・・1ヶ月半以上たっても痛みが取れないので先日、整形外科に行ってきた。
TFCC損傷
↑ここが痛い!
診断の結果が「三角線維軟骨複合体損傷」。病名、難しいのでTFCC損傷と言う場合が多いと先生が言っていた。小指の下の手首に三角形の軟骨があり、それにヒビが入っている可能性が高いとの診断。日常生活や仕事が手首の痛みで支障があれば、痛み止めの注射や内視鏡による手術なども行うが、自分の場合、痛みも軽いのと、仕事はデスクワークなので手首に負担がかからないので・・・・「経過観察」となった。できるだけ手首が痛くなるような動きは避けて、炎症を抑える貼り薬を貼ってもうしばらくすれば良くなるだろうとのこと。手首も固定されなかったのでよかった!なぜなら、固定されちゃったらワカサギ釣りができなくなっちゃうので(笑)

-その他
-

Copyright© 休みはアウトドア旅行 , 2017 AllRights Reserved.